医療機器

スリットランプ

スリットランプとは、細隙灯とも呼ばれるもので、両方の目で見る検眼用の顕微鏡です。スリットランプ検査では、眼を拡大して詳しく見ることができるだけでなく、両目で見ることができるため、遠近感を捕らえることができ、眼を立体的に観察することができます。          

オートレフ・ケラトメーター

オートレフ・ケラトメーター(Auto Refract-Keratometer)とは、角膜の屈折や曲率などを測定する医療機器のことを言います。 オートレフ・ケラトメーターで検査を行うと、自動的にその人の目が、遠視か近視か乱視か、また、程度はどのくらいなのか、屈折力はどれくらいで、角膜の形や曲率はどのようになっているのかということをを調べることができます。 この内、遠視・近視・乱視の度合いや屈折力を測定する機能が、レフラクトメーター(屈折計)に当たり、角膜の曲率などを測定する機能を角膜計(ケラトメーター)と呼びます。この二つの機能を備えているので、レフラクト・ケラトメーター、略してレフ・ケラトメーターというわけです。                              

眼底カメラ

眼底カメラとは、眼底(目の奥)の状態を撮影して記録するための機械です。 眼底は、目の病気だけでなく、高血圧や動脈硬化による血管の変化や、糖尿病の合併症である網膜剥離など内科の病気による血管の異常を全身のなかで唯一、直接観察できる部位になります。 なかでも、緑内障が疑われる人の発見に重要な検査です。                    

トップページに戻る

お知らせ

HP開設  

当院はスマーク伊勢崎内にあります。 みなさまの生活に便利な場所で開院させていただいております。 みなさまのかかりつけ医として日々努力していきたいと考えております。 目のことで気になることがありましたらお気軽にご来院ください。

診療内容

・眼科一般
・アレルギー(花粉)
・眼精疲労
・ドライアイ
・緑内障
・白内障検診
・眼鏡、コンタクトレンズ処方